勤め先への連絡でキャッシングの審査に通る

キャッシングでは、勤め先への電話の確認が入ることがあります。この電話の確認が在籍確認と呼ばれる審査の一つで、貸金業者としてキャッシングを提供している会社にとってはごく一般的な審査になっています。在籍確認では、消費者のプライベートな質問がされるわけではないので勤め先に電話がかかってきたとしても何も不安になることはありません。例えば、消費者金融からの電話だと知られたくないと考えている人が大半ですが、そうした消費者心理をきちんと理解していますので、在籍確認の電話では消費者金融の方からキャッシングをするための審査であることを告げたりはしません。それだけではなく、そもそも消費者金融からの電話の確認であるということも告げず、ほかの架空の会社の名前を名乗ったり消費者の審査を担当している人の名前だけを告げて確認をしてくれます。キャッシングの審査はこのようにプライバシーに最大限配慮していますので安心して利用することができるのです。

キャッシングでは勤続年数は重要ではない

キャッシングの審査では勤続年数は重要視されません。重要なのは、きちんと一定の収入を得ているかの一点なのでその点を確認することができれば適性判断に通ることができます。そもそも、キャッシングの審査で行われる収入の確認には勤続年数を聞かれるような場面がほとんどありません。なぜかというと、書類による審査はほとんどのケースで省くことができるからです。実際に、キャッシングでは在籍確認という方法で収入の確認を行いますので、在籍確認によって本当に収入を得ていることを確認できればそれで十分だからです。在籍確認というのは、実際に本人が仕事に通っているかどうかを確認するための審査のことを意味します。少額融資であるキャッシングを初めて利用する人は、この在籍確認の審査に通れば最低限のお金を借りることが可能です。在籍確認では単純な在籍のみを会社に対して確認するだけなので、その他の余計な質問は行われないということを理解しておきましょう。

Continue Reading

キャッシングは18歳でも借りられる?

キャッシングは成人してから利用するべきローンとされており、99%は20歳以上でないと利用できません。
借金返済という社会的責任を全うできる年齢ということで、20歳以上に設定されているのです。
学生キャッシングなら未成年OKと思うかもしれませんが、現実的にはほとんどの学生キャッシングが20歳以上からとしています。
18歳で借りられるキャッシングも存在しますが、保護者の同意が必要になるのが普通です。
保護者の同意なしで借りるためには、20歳になるまで待たなくてはいけません。

ここがクレジットカードと異なるところであり、クレジットカードの場合は18歳OKのカードが多いのです。
将来的にローンを利用することを考え、18歳でクレジットカードを作っておくのはよいことでしょう。
クレジットカードの場合もリボや分割にした場合は毎月の支払いが発生するので、実質的にはローンと性質が変わりません。
ローンと異なるのは、一括または2回払いは利息が発生しないことです。

Continue Reading